福岡県栄養士会のご案内

<div id="greet-box">
<div id="greet-box-img"><img class="aligncenter size-medium wp-image-1850" src="http://fukuoka-dietitian.or.jp/wp-content/uploads/2013/06/unnamed-279×300.png" alt="unnamed" width="279" height="300" /></div>
日ごろより、栄養士会の活動にご理解、ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

本会も公益法人移行後3年目を迎えました。本年は役員改選の年にあたり、去る5月31日の通常総会におきまして26名の新理事が承認されました。その後新理事による理事会にて、会長に推薦され会長職2期目を担うことになりました。心新たに会の運営と発展に努力してまいります。

この2年間は会員増や組織体制の整備、各事業内容の見直しと整備、新生涯教育制度の試行など、事業の拡大、充実を図ってまいりました。お陰さまで会員が2,600名余になりました。これも一重に会員の皆様のご支援ご協力のたまものと深く感謝申し上げます。今年度も公益法人の目的に沿った事業を計画し推進して参ります。

管理栄養士・栄養士は、県民の皆様の健康の保持増進、健康寿命の延伸、健康格差の是正等に関して、専門職として持てる技術で県民サービスに努めることが求められ、さらにその活動が社会に評価されることが重要視されるようになってきています。健康づくり運動の重要性を広く県民の皆様に理解していただき推進するには、食や栄養の担い手としてアピールする拠点として、今年度は、常設型の栄養ケア・ステーション「栄養ラボ天神」を福岡市中央区天神に6月1日に開設しました。6月から12月までの期間限定でありますが、管理栄養士・栄養士が常駐し、食や栄養に関する相談と在宅で療養されている方への流動食や介護食品の提供をサポートしています。会員の皆様に是非一度ご来店いただき、地域や職場の皆様にご紹介をお願いします。引き続き、県民の皆様に管理栄養士・栄養士の顔が見える、さらに認知度を高めるべき事業を展開し、会員だけではなく多くの管理栄養士・栄養士の皆様がいきいきと働ける環境作りを構築して参りたいと思っております。

公益社団法人としての役割は、定款第3条にその目的が示され、その目的にそった事業計画がなされます。すべての事業が理事会において決定され、理事は執行役員としての役割を担うこととなり、それだけに理事の責任が重いということを理事一同認識し、こころ新たに公益法人の目的に添って責務を果たして参ります。今後とも新執行部へのご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

</div>
<p style="text-align: right;">公社)福岡県栄養士会 会長 大部 正代</p>

福岡県栄養士会とは

管理栄養士とは
県内に在住もしくは勤務する管理栄養士、栄養士約2,600名で構成する職能団体です。管理栄養士、栄養士が、栄養や食事、栄養の指導等に関する専門的知識・技術の向上を支援するとともに、県民の個々の健全な食生活を支える地域社会作りと公衆衛生の向上に寄与する事を目的として事業を行っています。
主な事業
組織図