栄養士レシピ

白身魚のラビゴットソース

白身魚のラビゴットソース

【料理のポイント!】

○レシピ名「ラビゴットソース」の「ラビゴット(ravigoto)」は、フランス語で「元気に回復させる」という意味です。

 

○トマトの優しい酸味と玉ねぎのパンチが美味しさの秘訣です。薄味でも大満足

 

エネルギー 160kcal たんぱく質 12.6g 

脂質 9.0g 炭水化物 5.9g 

食物繊維 0.4g 塩分 0.8g

 

★ご紹介者★ 近藤 ゆかりさん(筑後支部)

材料

◆材料(2人分)
  白身魚切り身…2切
  塩…0.5g
  こしょう…少々
  薄力粉…小さじ4
  油…小さじ2
  レタス…適量
 【ラビゴットソース】
  玉ねぎ(ミジン切り)…10g
  トマト(5㎜角)…30g
  パセリ(ミジン切り)…少々
  酢…小さじ2
  オリーブ油…小さじ2
  塩…0.5g
  こしょう…少々

作り方

◆作り方

①白身魚にうすく塩をふり、時間を置きなじませる。

②大きめの器に分量を酢を入れ、オリーブ油を少量ずつ加えながら乳化するまでよく混ぜ、塩・こしょうで味をととのえる。

③②に玉ねぎ・トマト・パセリ(刻んだ後、汁気を絞っておいたもの)を加えて、よく混ぜ合わせ、ラビゴットソースを作る

④キッチンペーパーで①の魚の表面の水分をふき取った後、こしょうをふり、薄力粉をまぶし、余分な粉をはたいておく。

⑤フライパンに油を熱し、④の魚の皮目を下にして焼き色がついたら、ひっくり返して2~3分焼く。

⑥器にレタスを敷き、上に⑤を盛りつけ、③をかける

     

その他の郷土料理