栄養士のご紹介

視野が広がり、より詳細な栄養指導が可能に 西田 美千子さん

視野が広がり、より詳細な栄養指導が可能に 西田 美千子さん

所属:

勤務先 医療法人 柳育会 八女リハビリ病院

摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士となった今
 資格取得のきっかけは、「勉強不足」を痛感したことです。もともと、摂食嚥下には興味があり、摂食嚥下に関連する栄養士会の研修会や地域の勉強会には積極的に参加していました。ただ、学んだ知識をすぐ生かせるかというと難しいことが多く、医師や看護師、言語聴覚士(以下ST)から食事の相談を受け、返答するたびに、もっと良い答えがあるのではないかと考えていました。

 資格を取得したことで適切な答えを出せるようになったかどうかは模索中ですが、視野が広がり患者の病態についてより深く考えるようになった点は進歩だと思っています。患者の嚥下評価についてST と話す際には、摂食嚥下のどこに原因があるのかなど、根拠について考えるようになりました。
 また、患者やご家族への栄養指導では、市販の嚥下調整食だけに頼るのではなく冷蔵庫にある食品を使用した嚥下調整食の作り方や注意点などのように、実践的な内容をより詳細に指導できるようになったと感じています。

 

はじめての在宅患者訪問栄養食事指導を経験して
 福岡県栄養士会では、在宅患者訪問栄養食事指導を広めていく活動をしています。医師やケアマネージャーから在宅患者の栄養指導依頼があった場合、栄養ケアステーションを事業所として、登録された栄養士会員が派遣され、在宅患者のもとに訪問する流れとなっています。

 今回、摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士に認定されたことがきっかけで、摂食嚥下機能低下の患者の在宅患者訪問栄養食事指導に関わらせていただきました。
 調理実習を交えた指導であったため、訪問前には何度か練習し当日に臨みました。栄養指導が終わるとご家族から、継続して栄養指導を受けたいという思いと共に「食べられるものに制限はあるものの嗜好を考慮したメニューを提案してほしい」という意見をいただきました。
 入院中は提供できる食材やメニューが限られているため、患者の要望を全て受け入れることは難しく、断ることもありますが、在宅では医療者側の都合ではなく、患者やご家族の希望を聞きながら、食べられると思うものを考え、提案する必要があることを感じました。まだ始まったばかりの事業のため、試行錯誤していますが、日々勉強して、摂食嚥下に困っている患者の一助になりたいと思っています。