栄養士のご紹介

“流れに乗ってみよう”とチャレンジ

“流れに乗ってみよう”とチャレンジ

所属:

勤務先  川添記念病院 松本 ちさえさん

取得のきっかけは?

 「福岡県栄養士会ですが、認定管理栄養士資格取得のための審査を申請しませんか?」とお電話をいただいたのが、直接的なきっかけです(笑)。慢性期の病院では、長期で患者さんに関われ、じっくり栄養管理ができるのですが、携わる症例は限られていて・・・そこを座学で補おうと、生涯学習を受講し始めました。

 その後、生涯学習が生涯教育制度となり、認定制度が始まりまりました。認定制度ができる前は、単純にわからない分野や携わらない分野の講義を受けていたのですが、制度ができてからは、自分の中でマイルストーンとして認定審査を意識して受講するようになりました。

 実は、もう少し先で認定資格を取得するつもりだったのですが、お声がけいただいたタイミングで「流れに乗ってみよう!」とチャレンジしました。無事取得できてよかったです!

 

 ハードルが高かった学会発表

  私にとって一番ハードルが高かったのが、【学会発表】でした。勤務先では学会発表する慣例がなかったため、一から自力で勉強しなければならなかったのですが、こちらも栄養士会基本研修で統計の基本を学び、受講生の方や講師の先生にご相談しながら、何とか学会での発表を終えることができました。

 

これから申請予定の方へ

  何から準備していいのか分からない、学会発表なんて無理だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は認定試験に必要な事項は全て栄養士会の研修プログラムに入っているんですよ!

 今は、研修会の時にキャリアシートも配布されますので、その都度作成しておくといいと思います。

 栄養士会からバッグアップをしていただけたこと、一緒に認定審査を申請した方と情報交換したり、たくさんの刺激をいただいたこと等は、制度が始まってすぐに申請したメリットだったと思います。認定管理栄養士の資格を取ろうと思っている方は、お早めの申請をお勧めします!私も、また次の目標に向けて、日々勉強していきたいと思います。