栄養士のご紹介

岩橋 晴佳さん

岩橋 晴佳さん

所属:

勤務先:平岡栄養士専門学校     ◆栄養士になろうと思ったきっかけ~現在の仕事eiyoushi-1510-3 高校で進路を考えた時、「資格があれば将来困らない」、「栄養は日常生活にも役立つ」、「人の役に立てる仕事」、そして「食べることが好き」という理由で栄養士を志すことにしました。 そして、4年制大学で栄養士を取得後、関西の栄養士専門学校に9年間勤めました。その後、縁あって福岡に引越し、現在は小郡市にある平岡栄養士専門学校にて、調理科学や栄養学について教えています。 働き始めて痛感したことが、自分が学んできた大学での勉強はあくまで学問・試験対策であり、本当の意味では理解できていなかったということです。本来は全ての授業がリンクしていますが、大学の頃はそれぞれが繋がらず理解が浅かったと、自分自身が教育する側に立って改めて気付かされました。その反省を活かし、「栄養士として働くために必要な知識と技術」を柱と考え、普段使いの食材や日常の調理で感じる疑問など、身近で取っ付きやすい内容であることを心掛けて学生たちには教えています。これから社会に羽ばたく栄養士の卵たちを育てるということは本当にやりがいがあり、同時にこれからの学生たちの人生を決める大切な時期であると責任を感じながら指導にあたっています。 ◆栄養士・管理栄養士を目指す学生の方々へeiyoushi-1510-2 現場に出てまず必要となるのが基本的な調理技術です。調理ができないと献立を立てても机上の空論になり、患者さんや利用者さんに必要な個別の作り変えにも対応できません。また、栄養指導の際も、教科書の知識だけで調理のノウハウを知らないと、対象者に応じた現実的に実現可能な方法を指導することは難しいでしょう。ぜひ在学中に知識だけでなく、本当に現場に出た時に必要になる調理技術や献立作成もしっかり身に付けて下さい。 また、栄養士はサービス業でもあります。「コミュニケーション力」とすぐにへこたれない「ガッツ」をもって、一生の仕事として頑張って頂きたいと思います。

(2015.11)