栄養士のご紹介

小林 はつみさん

小林 はつみさん

所属:

勤務先:須恵町役場 健康福祉課

昭和55年に須恵町役場職員として採用され、30年以上勤務させて頂いています。
その間、保育所・学校・行政と現在に至っております。
栄養士になったきっかけは、小学生の時栄養士の実習生の白衣姿を「カッコイイ!!」と思い興味を持った事からです。
須恵町は、昭和54年より「食からの健康づくり」を基本理念とし食育事業を実施しています。平成8年度に行政栄養士に異動してから乳幼児健診時の離乳食やおやつ試食・妊婦教室・保育園幼稚園児のクッキング・親子料理教室・小学生の調理クラブ・高齢者料理教室・男性料理教室等々、布絵本や塩分計を使い栄養指導・調理指導の教室を実施しています。料理本の出版も町よりさせて貰い教室に活用しています。全ての事業の準備から支払いまでと栄養士1人で頑張っています。
日々大変忙しく目まぐるしく過ぎていますが、子どもから高齢者までたくさんの住民の方と毎日のように接し、会話が出来き「美味しかった!楽しかった!勉強になった!」と言って頂き、疲れなんて飛んでしまいます。
教室が無い日の方が寂しく感じる程で、仕事が嫌と思った事が無い私です。あと数年で定年退職を迎えますが、私の一生の目標は「たくさんの方との出会いを大切にする」です。 私の一儲けは、人儲けです。これからも皆さんに還元出来るよう努力を重ねて行こうと心新たにしているところです。