栄養士のご紹介

専門性の知識や経験を積んだ今が一番楽しい 丹羽 那実香さん

専門性の知識や経験を積んだ今が一番楽しい 丹羽 那実香さん

所属:

勤務先 医療法人財団 久英会 介護老人保健施設 久英荘 

 私の仕事

 高齢の方の食支援が私の仕事です。介護老人保健施設は老健と呼ばれ、医師、看護師、介護職、理学療法士、作業療法士、管理栄養士などの専門職が利用者様のケアに関わっています。それぞれの専門職の考えを聞けるのは、仕事の上でとても面白いところです。

 老健施設は在宅復帰を支援するところではありますが、看取りへのニーズも高まっています。そのため、病気の知識はもちろんのこと、在宅での支援や看取りに関する知識が求められるところです。

 

 認定をとった後のプラン、目標

 今は、摂食嚥下について勉強しています。年を重ねていくと、さまざまな病気と付き合っていかなくてはなりません。その中には、食べることを難しくする病気もあります。高齢であることも、食べるための予備能力を奪っていきます。施設では食形態や栄養補給法はもちろんのこと、姿勢や食具、食事介助方法に関しても携わることができます。食べることに関しては他の職種でも支援は可能ですが、“おいしく” 食べることに関しては栄養士が一番よく知っているはずです。

 昨年度から日本栄養士会でも、『摂食嚥下リハビリテーション栄養専門管理栄養士』の認定制度が始まりました。まだまだ勉強が必要ですが、最後まで口からおいしく食べていただき、利用者様、家族、職員、関わる人すべてに悔いが残らない支援ができるようになりたいと思っています。 

 

 これから認定管理栄養士・栄養士を目指す皆さんへ

 認定制度は生涯教育で学び、スキルの到達を証明するものなので、多くの人に受けていただきたいと思っています。認定をとった後は、さらに専門分野の知識と技術を高めて次のステップへ進みます。私は勉強した証明があることで、職場以外でも管理栄養士としていろんな経験をさせていただいています。現在、久留米市の介護予防支援事業に携わり、さらに勉強を重ねているところです。管理栄養士を取得して初めての職場で仕事を始めた時より、たくさん勉強して知識や経験を積んだ今が、仕事をしていて一番楽しいです。

 認定制度はまだ始まったばかりで、社会に認知されるまでに時間がかかると思います。私自身も認定管理栄養士としてプロフェッショナルの仕事と認めていただけるように、頑張っていきます。