栄養士のご紹介

多職種と連携して在宅復帰を支援!

多職種と連携して在宅復帰を支援!

所属:

介護老人保健施設 湯の里まとば 修行さやかさん

 

今回登場していただくのは、介護老人保健施設で管理栄養士として、ご入所者の方々の在宅復帰を支援されている修行さやかさんです。

 

在宅復帰支援の役割を担える管理栄養士に

 

介護老人保健施設は、在宅復帰を支援する施設です。その中でも私の勤務する湯の里まとばは、在宅復帰超強化型老健として位置づけられています。リハビリを行いながら、在宅生活を送ることができるよう支援を行いますが、近年は嚥下機能が低下し、嚥下調整食を摂取しているご入所者が増加し、そのため、在宅生活での不安が軽減できるよう嚥下機能低下している方に対しては、経口維持の取り組みを強化しています。多職種で支援を行っていく中で、専門性が発揮できるよう正しい知識を身に付ける必要があると日々感じております。そこで、知識の習得や最新の情報を身に付け、スキルアップに繋げたいと感じ、研修会に参加するようになりました。まだまだ未熟ではありますが、多職種連携を行っていく中で、根拠を持った発言ができるようになったと思います。また、業務の中での疑問も研修会に参加することで学ぶことができ、よりよい支援をすることに繋げることができるようになりました。在宅向けの研修も多く開催されているため、基本・実務研修で研鑽を積み、在宅復帰への一翼を担えるように今後も励んでいき、自分自身の知識習得、質の担保につとめたいと思います。

 

日頃の頑張りをカタチに

 

研修会に参加をしていく中で、栄養士の横の繋がりも広がりました。その中で、「認定管理栄養士の資格を取ってみては?」と声をかけていただきました。これまでは、漠然と“知識を習得する”との思いで研修会を受講していましたが、「“資格”というカタチになるのではないか、資格取得にチャレンジしてみよう」との思いに変わりました。これまでは「日々の業務に繋がるから受けてみよう」との考えで、どの研修会に参加するかを選択していましたが、現在は単位習得も目標の一つになったので、基礎から学ぼうという思いで全ての研修会にも積極的に参加するようになりました。実際に研修会に参加すると、日々の業務と繋がる部分や新たな視点を見つけることができ、業務へ還元できる部分が多いと感じています。

 

今後の目標

 

認定管理栄養士の資格取得を目標としていますが、その中で身に付けた知識を施設やご利用者へ一つでも多く還元したいと思っています。地域包括ケアシステム構築のためには、地域・医療・介護の連携は必須です。在宅復帰を最終目標とするのではなく、在宅生活を継続できる支援を行えるよう日々研鑽を続けていきたいと思います。