栄養士のご紹介

チャレンジ精神や創造力、思考力を育成 手嶋 英津子さん

チャレンジ精神や創造力、思考力を育成 手嶋 英津子さん

所属:

勤務先 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科

私が管理栄養士になろうと思ったきっかけ

 管理栄養士の仕事に興味を持ったのは、高校生の頃、プロスポーツ選手を支えている管理栄養士の仕事を知ったことがきっかけでした。当時、ソフトボール部のマネージャーをしていた私は、スポーツ選手を支える仕事に憧れていました。また、教職にも興味があったため、栄養士と教員免許が取得できる大学に進学しました。大学卒業後は、家庭科教員、大学助手、委託給食会社勤務を経て、現在、研究教育の道に進んでいます。

 

私の仕事

 2年前より、西南女学院大学で管理栄養士の養成に携わっています。授業の担当は、栄養教育や栄養教諭に関する科目です。卒業ゼミでは、地域住民を対象とした公開講座の中で、「骨粗鬆症予防・改善のための栄養支援」に関する取り組みをテーマとして活動をしています。ゼミの学生と栄養支援のためのリーフレットやレシピ集の作成、レシピサイトによる発信をし、公開講座当日は、学生による骨密度測定、食事調査、栄養支援を行っています。この活動は、地域の方々の健康の維持・増進に繋がるためだけでなく、地域の方々との交流を通して、学生のコミュニケーション能力の育成、社会人としてのマナーや食事調査のスキルが身につくこともねらいとしています。

 また、最近の取り組みとして、学生と一緒に小学生を対象とした「食育アプリ」の制作を行っています。同時に、教育の情報化に向けて、教育現場で普及が進んでいる電子黒板やタブレット端末等ICT機器の効果的な活用方法を探っています。日々、思考錯誤しながら活動をしていますが、その過程で新しい事に挑戦するチャレンジ精神や創造力、思考力の育成に繋がるように努めています。

 

これから管理栄養士・栄養士をめざすみなさんへ

 管理栄養士・栄養士は、様々な分野で活躍ができる職種です。日頃から食や栄養に関するテーマや話題に興味を持つこと、食材や料理を知り調理技術を身につけることが大切です。さらに、多くのことを学び、経験し、人との出会いを大切にして、自分の可能性を広げてください。そして、多方面で活躍できる管理栄養士を目指して頑張ってほしいと思います。