2013年5月号Vol13・No.1

2013年06月11日栄養ふくおか

学校栄養士の食育への取り組み

学校健康教育事業部 筑豊支部 有富 小百合(飯塚市立楽市小学校)

昨年4月、新規採⽤学校栄養職員として本校に赴任し1年が経ちました。私が勤務する飯塚市の学校教育プランには、健康教育の充実として、学校給食や食育の充実、早寝・早起き・朝ごはんの徹底が示されています。

それを受け、私たち栄養士は、飯塚市内の小・中学校において学校給食を「生きた教材」として活用した食育が推進されるよう、毎月以下のようなテーマ献立を実施しています。さらに、日本の伝統的な行事食、栄養バランスを考える機会となるセレクト給食を取り入れるなど、子どもたちが給食から多くのことを学べるよう配慮した献立作成をしています。そして、その学校給食を活⽤しながら「食に関する指導」を行っています。

下の実践は昨年度の取り組みのひとつです。

vol13

このように、学校給食は給食時間に限らず、各教科等と意図的に関連付けることで、教育的に大きな効果を発揮します。

学校給食からアプローチしていくことは私たち栄養士の強みであり、その充実こそが望ましい食習慣を身につけるための食に関する指導につながります。今後も、安全でおいしい給食の提供と食育推進に努めていきたいと思います。

 

研修会報告

第1回 基礎から始める栄養管理・栄養指導
(有床クリニック管理栄養士配置対応研修会) 会場:国際会議場

平成 25 年 3 月10 日(日)福岡国際会議場において第1回基礎から始める栄養管理・栄養指導(有床クリニック管理栄養士配置対応研修会)が開催され、140 名の方が参加されました。

午前は、「栄養管理の流れおよび入院時食事療養費・診療報酬等について」「患者の栄養評価について〜SGA を中心に〜」の講義の後「高齢者の栄養管理〜骨折・低栄養・過栄養〜」について、症例を基に入院時栄養評価と栄養管理計画書作成を行いました。

午後からは、「動脈硬化性疾患と栄養」について新古賀病院循環器内科の折⽥義也先生の講義の後、症例を基に入院時栄養評価と栄養管理計画書作成を 6〜7 名のグループワークで行いました。グループワークでは時間が足りなかったとの意見もありましたが、ほとんどの参加者からは、「他の病院・施設との情報交換もできとても有意義な 1 日を過ごすことができました。

また次回の研修会にも参加したいです。」と、高評価をいただきました。また、第 2 回の研修会を生涯教育にて計画しておりますのでたくさんの方の参加をお待ちしております。

 

 

会議報告
(三役会及び研修部、県⺠⽀援部、広報部 会場:ナースプラザ)
3/4 拡大三役会、3/6 広報部委員会、3/7 研修部予算会議、3/13 ホームページ委員
会、3/25 ホームページ委員会 、3/26 三役会、3/30 研修部委員会
4/2 ホームページ委員会、4/8 研修部委員会、4/17 栄養ふくおか編集委員会、
4/18 福岡県栄養士会会計監査、4/20 三役会
(⽀部・事業部)
3/4 筑豊支部運営委員会 会場:方城療育園
3/9 地域活動事業部会運営委員会 会場:アクロス福岡 1階
3/11 北九州支部運営委員会 会場:⻄小倉市⺠センター
3/22 福祉事業部運営委員会 会場:ナースプラザ福岡 演習室
4/20 地域活動事業部会運営委員会 会場:サンヒルズホテル
4/27 医療部企画運営委員会 会場:アクロス福岡